1枚目のカーディガンの選び方のコツ


1枚目のカーディガンを買うのなら写真のような、シンプルなものがオススメ。体に合ったもの、生地は厚くもなく薄くもないものが良いと思います。元々なんにでも合わせやすいカーディガンですが、基本になる1枚を持っていると、本当に便利です。

 

インナーによって、雰囲気をガラリと変えることができるので、きちんと感を出したいときはシャツ。そのシャツもボタンを開ける、ボタンをとめてネクタイをするといった工夫で、パターンの違うコーデができます。

 

またシャツ以外にTシャツに変えるとちょっと大人っぽい感じに。中のシャツをしめ色にすると、カーディガンとのコントラストで縦のラインが強調され、着痩せ効果もあります。

 

 

基本中の基本チャコールグレー

グレーのカーディガンは、あれば必ず重宝するすぐれもの。これくらいの濃い目のチャコールグレーなら、どんな体形の人にも似合います。それに、グレーはおしゃれに見えるカラーの一つ。こんな風にインナーをTシャツやカットソーにしても良いし、シャツにしてもOK。

 

デニムのボトムを黒のパンツに変えれば、もう少しきちんと感を出すこともできます。

 

 

鮮やかな色にチャレンジ

グレー、ネイビー、ブラックなどの基本の色のカーディカンに比べ、鮮やかなきれいな色はなかなか着ない。そんな人も多いのではないでしょうか。

 

でも鮮やかな色のカーディガンは1枚でも目をひくし、全体的に抑え目なコーディネートのさし色としても活躍します。はじめはこんな落ち着いたバーガンディーのカーデがオススメ。インナーとしてさし色にもできるし、ジャケットスタイルにも合わせることができます。慣れてきたら、イエローやグリーンなどにも挑戦してほしいですね。

 

ショールカラーで大人の男を演出

Vネックのカーディガンと違い、襟元のデザインの違うショールカラーカーディガン。襟のデザインから、一歩間違えると子供っぽくなりやすい、そんなカーデだからこそ、ぜひとも大人の男性に着てほしい1枚です。

 

特にこのようなネイビーは、大人だからこそ着こなせる1枚。清潔感もあり、インナーをシャツにすればオフィスにも対応できる優れものです。ネイビーを生成りやベージュに変え、ボトムスをチノやカーゴに変えれば、ぐっとカジュアルにも着こなせます。

 

強めの黒はほんの少し遊び心を

ブラックは男性をかっこよく見せる色のひとつ。そして引き締め色だから、体形が気になる人にもOKのカラーです。でも、強い色だけに全部がブラックだと重くなりがちなのも事実。そんな場合は、こんな少しデザインの入ったカーディガンを選んでみては?

 

こちらのカーデは、通常のカーデより少し丈が長めのデザイン。前を開けて、こんな風にレイヤードスタイルにも対応できます。こんなコーディネートなら、身長を気にする人にも挑戦できるスタイルだと思います。